バルカン400 キャブレター周り修理

本日はバルカン400にお乗りのお客様より、
「キャブレターのあたりからガソリンがもれている。」
とのことでキャブレター周りの修理をさせていただきました。
e0157602_20285619.jpg

メーターは5万キロを超えています。
けっこう走っていますね。
車体のほうも相当ヤレております。
e0157602_20293470.jpg

エンジンは毎日通勤で乗られているようで調子がよさそうですが
ゴム製品や配線チューブなどが劣化してオイルにじみがありますね。
e0157602_2029895.jpg

エアクリーナーはノーメンテでしょうか・・・
これでは新鮮な空気が吸えませんね。
e0157602_20291797.jpg

キャブレターのフューエルホースがジョイント部付近でヒビ割れて
ここから漏れております・・・
負圧コックですので、チューブ内にたまった分しか漏れないはずですが
やはりフューエルコックも不良でした。少しずつ降りてきています。

とりあえず今回はキャブレターOH(ニードルバルブ、パッキン交換)
とフューエルホース交換で予算オーバーとなりましたが
いろいろとやらなければなりませんね~

車検ありといえども、ケチって素通し車検のみでは
見落としがちですね~
e0157602_20294746.jpg

作業後にはしっかりと洗車してお渡ししました。

みなさんは定期点検していますか?
1年点検、2年点検、とっても大切ですよ~
by motorheadcyclesp | 2010-11-28 20:30 | 修理・整備作業日記


<< 当店の新しい営業車 スーパーカブ110 一年点検&... >>