ボアアップおよびエンジン換装をお考えの方に。

最近良くお問い合わせがありますので、ブログにも載せておきます。
主に50ccモデルに関して、当店の考えをまとめました。

やはり通勤、通学に50ccのカブ、ベンリィ等を使われている方も多いと思います。
原付2種以上の免許を所持している、もしくは今から取ろうと思っている。
で、今乗っているカブ、ベンリィをボアアップ(排気量変更)もしくはエンジン換装したいとお考えの方に。

まず排気量の変更にあたり、エンジンの換装という方法もありますが、当店ではボアアップ作業がほとんどとなります。
なぜなら中古にて出回っているエンジンは良質なものが少なく、ただ単に載せ換えだけでなく、そのエンジンを修理してから
乗せ換えなければならない場合がほとんどだからです。
当店で探す場合、お客様がエンジンを持ち込みいただく場合のどちらにしても、上記のリスクは発生します。
ではボアアップはどうか?
現在、アグターパーツメーカー各社から様々なキットが販売されています。
比較的安価に行える、今あるエンジンをそのまま使えるのもメリットです。
当店でも作業依頼が多いのが「腰上」と呼ばれるピストン&ピストンリングとシリンダーを交換するものです。
もちろんシリンダーヘッドも交換すれば、飛躍的にパワーアップします。
ただし、それに伴いクラッチ、オイルポンプ、場合によってはカムチェーン、キャブレター、マフラーを
排気量に応じて交換、かつパワーアップした分、強化する必要があります。
そして本来ならボアアップに伴うパワーアップにより負担がかかる腰下のコンロッド、クランクおよびベアリング等も強化品に交換したほうがいいでしょう。
ただし、腰下をやるとなるとエンジンを全て分解しなければならないので費用もかなりかかってきます。

やはりエンジン載せ換え、ボアアップともそれなりの出費がかかります。
当店でもいろいろなことをやってきましたが、最終的に安く済む方法は70、90cc等への乗り換えです。
やはり、もともと大きい排気量ですので、キャブ、マフラー、ブレーキなど全て対応するよう最初から設計してますからね。エンジンの腰下部品も排気量にあわせて強化されています。
それこそ110ccの新車なら何の心配もありません。製造国がかの赤い国ですんで心配はありますが
もともとの設計はちゃんとしていますよ。あとは造る側の問題です(笑)
もちろん、当店のお客様には今お乗りいただいている車両への愛着がある方が多いので、その要望に最大限お答えしております。
やはり人それぞれ好みのカタチやデザインがありますので、それを尊重しつつカスタムないしチューニングするのが当店の仕事ですから。
もちろん自分で全てやれば安くはあがります。ただし、手間を考えると「うーん・・・」て感じですよね。
それが楽しい人は趣味でバイクをいじる方です。

そして、大切なのは排気量なりの走りをして、楽しむこと。
50ccは制限速度もあるので30~40キロでトコトコいくのがベストでしょう。
70、90ccは60キロくらいで流すのが一番カブらしくていいんじゃないでしょうか。
110ccは遅いビックバイクをつつくにはもってこいです(笑)
これをみると110ccが一番いいじゃんってなるかもしれませんが、快適で速いという
ことだけが楽しみ方じゃないですよ。 いろいろな楽しみ方がカブ、ベンリィにはありますから。

上記のことをふまえていただき、楽しいバイクライフを送ってください~
by motorheadcyclesp | 2014-02-04 11:50 | 雑記


<< エンジンオイルは大切ですよ~ リトルカブFIセル付き4速中古... >>