リトルカブ エンジンがかからない。

先日作業させていただいたリトルカブです。
不動状態での持ち込みで、エンジンがかからないとのこと。
チェックしてみると、どうやら火花が飛んでいないようです。
プラグ、プラグキャップ、ハイテンションコード、イグニッションコイル、CDIとテストしましたが、
変化なし。
左側に転倒したとのことで、もしやと思いジェネカバーを開けてみると、
e0157602_19243900.jpg
あちゃ~!ここですね。ピックアップユニットがもげてます。こりゃ火が飛びませんな。
e0157602_19243966.jpg
ジェネカバー裏もこのとおり。おもいっきり割れてます。おそらく割れた破片が引っかかってユニットがもげたんでしょう。

写真を忘れましたが車体のヤレと走行距離も考慮して、新品をおごるには少し費用がかかります。
在庫の中古品でフライホイール、ステーターコイルASSYを交換しておきました。

あと、すべってたクラッチですが、新品のディスクとスプリング類を交換しました。写真撮ったはずですが、どこいった?
e0157602_19244069.jpg
あとはサビサビだったチェーン、スプロケを交換します。
e0157602_19244092.jpg
穴の開いたアッパーチェーンカバーも中古で見繕いました。
追加でエアクリーナーエレメントの交換などもいたしました。

こういうこともあるんだなーと思った今回の修理作業でした。




by motorheadcyclesp | 2018-03-18 20:55 | 修理・整備作業日記

古墳の街、堺にあるカブ・ベンリィ等4ミニ専門店 営業時間:朝10時~夜7時 定休日:毎週水曜,木曜


by motorheadcyclesp